MENU

プラセンタ原液 保存方法
リマーユプラセラ原液に使用されているプラセンタは美容業界で注目されている成分です。その人気から最近は原液導入する方も増えています。せっかく買ったプラセンタを無駄にしないためにも保存方法や保存期間はとても大切ですよね。そんな方のためにプラセンタ原液の正しい保存の仕方を調査しました。

 

プラセンタ原液(プラセラ原液)ってそもそも何?

プラセンタ原液とは
プラセンタにはアミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、活性ペプチド、ヒアルロン酸、細胞を増殖させる成長因子(グロースファクター)など、お肌に良い成分がたっぷり含まれています。
これらを有効成分を壊さないように抽出したものがプラセンタ原液です水などで薄めていないためより高い効果が期待できるようになってます。現在、他メーカーからプラセンタ原液は発売されています。

 

リバテープ製薬のプラセラ原液とは、このプラセンタ原液に馬セラミド原液を配合したものを指しています。原液では使いにくいプラセンタの弱点を上手くカバーしています。

 

 

プラセンタ原液はどのように保存すればいいの?

保存 冷蔵庫
このようによりプラセンタの効果を高めて摂取することができるプラセンタ原液ですが、実は保存方法を間違えるとすぐにダメになって効果を失ってしむこともあるのです。

 

プラセンタの原液は非常に繊細なので直射日光や暑い場所、湿気が多い場所を避けるようにしてください。
冷蔵庫に保管するのがベストですがそれが難しいようであれば、高温多湿を避けて直射日光の当たらない涼しい場所に保管するようにしましょう。
また、小さいお子さんがいる場合は手の届かないところに保管するようにしてください。

 

使い切る目安はどれくらい?

使い切り 目安
もし、今後セール品などをみつけて買いだめしたいというシーンも出てくるかもしれませんよね。

 

原液の保管期間の目安は30日〜45日程度です。一度開封したら早めに使うようにこころがけて、使い終わったら冷蔵庫に保管するようにしましょう。空気が入って酸化してしまわないようにしっかりとビンのフタをしめてください。

 

30日以上たっても問題が起こる可能性は低いですが、何か様子がおかしいと思った場合は使用を中止してください。

 

 

リマーユプラセラ原液はお届けサイクルの変更が可能

 

リマーユプラセラ原液は通常30日でのお届けですが、使い切るタイミングはバラバラなので人によっては30日で使いきれなかったり、場合によってはどんどん商品が貯まってしまうかもしれません。

 

そんな方は、オージオに電話一本入れればお届けをいったん中止したり、2ヶ月サイクルや3ヶ月サイクルに変更することができるようになります。

 

 

解約・変更・休止の方法や問い合わせ先についてはこちらのページで紹介しています。
リマーユプラセラ原液の失敗談はこちらで紹介しています。