MENU

リマーユプラセラ原液がどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。
これだけ人気が出た理由としてリマーユプラセラ原液の成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はリマーユプラセラ原液に含まれる3つの人気成分のうち馬サイタイエキスについて解説します。

 

リマーユプラセラ原液と言えばサイタイエキスの100%原液

サイタイエキス>
サイタエキスは最近注目されている美容成分です。
リマーユプラセラ原液にはこのサイタイエキスが原液で使用されています。

 

サイタイエキスってなに?どれくらい凄いの?

サイタイ へその緒
サイタイエキスのサイタイとは臍帯、つまりへその緒のことです。人間以外の哺乳類も含め、全ての胎児はへその緒を通じて母親から栄養や酸素をもらって成長します。この希少なへその獅分解して取り出し、エキスにしたものがサイタイエキスです。化粧品に使われる場合は主に豚や馬のものが使われます。サイタイエキスにはヒアルロン酸やコンドロインチ硫酸、アミノ酸といった美容に欠かせない成分が豊富に含まれています。

 

医療分野でもすでに活躍しておりその効果としては

 

年齢とともに遅れがちなターンオーバーのサポート
顔全体の印象を左右してしまうハリの回復
紫外線で生成されてしまうメラニンの合成の阻害

 

など多くの美容効果があるため、様々な研究がされている今後注目の成分です。

 

馬サイタイエキスを使った化粧品は数が限られている

サイタイエキス 再生医療
サイタエキスを耳にしたことある人が少ないと思います。実は、まだ市販の化粧品でサイタイエキスを使用している化粧品は少ないのです。特に馬のサイタイエキスにこだわって配合している会社は数少ないです。

 

臍帯は美容業界で注目を集めている反面、白血病の治療にも役立つ可能性があるとして再生医療などの文やで応用が期待され研究が進められている。これからの展開に期待できる成分なのです。

 

リマーユプラセラ原液は馬サイタイエキスだけじゃない!

 

リマーユプラセラ原液には馬サイタイエキス以外にも高級な成分が使用されています。

 

成分表を見ると

 

・馬プラセンタ
・馬セラミド

 

年齢を重ねるとどうしても肌トラブルが起こりやすいものですが普段からリマーユプラセラ原液で肌に潤いを与えることで悩み解決に繋げられるのです。

 

リマーユプラセラ原液って使うとどうなるの?

 

リマーユプラセラ原液を使うと

 

・ハリ
・弾力
・みずみずしさ
・シワ
・たるみ
・うるおい

 

などの肌の悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

リマーユプラセラ原液の失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。